隣町が膝下浸水、すぐそこまで避難勧告が出てるときいて

父に電話して、大阪の実家の安否を問う。


まあ、今の家は一階が駐車場なので全然問題ないだろうと思いつつ。

無事でした。

しかもこの豪雨の中、母は仕事に出ているそうです。介護職忙しすぎ。無茶したどんならんでほんま。


私が小さい頃住んでた家も、一般的な家より床は30cmほど高くしていたそう。(両親が自身で設計した)


浸水の心配はなかったけれど、窓から私が落ちた。頭から。

姿勢が良すぎて倒れず、しばらく逆さまだったことは覚えています。家の中から


「厚子、消えた!どこいった!」って声が聞こえて、逆さまのまま


「こ〜こ〜」と助けを求めたのを覚えています。


家の中では、今の今まで部屋の中で遊んでいたのに、まさか外にいる(落ちた)とは思わず、「姿はないのに声だけ聞こえる」状態で


「どこや!」


「こ〜こ〜」


「どこや!」


「こ〜こ〜、窓んとこ〜」


「窓!?」


てやり取りをしたような、しなかったような←


下が芝生でよかったね。

コンクリートにしてから、もう一回落ちたけどな。



f0019993_21270705.jpeg

窓の外でこの状態やったわけや。




トラックバックURL : https://golady.exblog.jp/tb/29918040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Uchieshi_Yae | 2018-07-06 21:29 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

快食快便、命の源。考えすぎは短命のもと。今日も元気だ、明日はどうだ。マイペースにイキアタリバッタリ。


by ブッチー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30