NEW POST

楽しかったけども。

f0019993_11422859.jpg
朝5時半に自宅を出発し、御岳山まで紅葉狩りに行ってきました。
一人で。

山頂駅からあるくコースを紹介した本の「入門」レベルの場所。ふらりと行ってきましたん。『滝と苔の沢沿いをめぐる森林浴ハイク』のキャッチフレーズに恥じない、気持ちのいい道行でした。アップダウンもそこまできつくなく、余裕です。

f0019993_11440856.jpg
七代の滝。
先にいらして、お互いの写真を撮り合いっこされてたご夫婦のツーショット写真を撮影したら、私の写真もとって下さいました。

折り返し付近の御岳沢休憩所でお昼。
メインイベントです。

f0019993_11440371.jpg
携帯コンロとクッカーで、山でカレーを作って食べよう! 
美味しかった!!

いやー、良かったです。適度な苦労と運動の後のご飯。最高。

私の両親(より少し上?)くらいの方々男女3人+芝犬1匹が後からこられて、相席したんですが、その方々はこれから「大岳山山頂」まで行かれるとのこと。

「そんなに大変じゃないわよ? ここから1時間くらいだし。お天気いいから今日は富士山が見えるかもよ」

富士山が見えるかも。

富士山が・・・

富士山・・・

見たい。

てことで、同行させていただきました。
無謀だったと思ったのは、
f0019993_22140935.jpg
こんな岩が目の前に現れた時ですかね?
中央の岩の割れ目が私の頭より高いところにありました。
あ、軽いロッククライミング?

そして、登山でよく聞く「切れてる」の意味も知りました。
切れてた。
山肌に打たれた鎖を持ちながら狭い足場を渡る場所とかね。
同行させてもらってたご婦人が軽〜く「けっこう切れてるわねぇ〜」て。
ええー! そんなテンション!?

でも、苦労のかいあって、山頂の見晴らしは素晴らしかった!!
この山頂感!
f0019993_11434633.jpg
気持ちいい!

けど、富士山、見えなかった!

残念。


でもね、登りの時、ふっと思ってたんです。

「登りはいいけど、下りは大変そうだなあ・・・」

うふふ。

下りは別ルートで降りたんですが、そうですね・・・想像以上でした。
実は、登りはずっと芝犬くんのリードをひかせてもらっていたのですが、下りは危ないから、と飼い主さんにお戻ししていたんです。え? そうですよ。あの岩登りゾーンもリードひいてました。
けど、途中「ここからは安全だから」と飼い主さんがリードを私に手渡してくださり、そして

「僕、先に降りて、車を回して来るから、後の二人とゆっくり降りておいで」

ご親切にありがとうござます! けれどもすいません、下りはいくら安全でも怖いです! 遠慮します!
という間も無く、飼い主さん、見えなくなってしまいました。

飼い主さんが先に行ってしまって、一生懸命に追いつこうとする芝犬くんのリードを持ったままの下山。
だって、ほかに人いなかったもん。誰ともすれ違わない、誰にも追い越されない人の通らない急坂。
言ったよね、飼い主さん「ここからは安全だから」

どこが!?
と言いたくなるほど道無き道でした。
力のある芝犬くんに引っ張られながらの下り坂。

普通に、死ぬかと思いました。


後から聞いた話ですけどもね。
同行させていただいた方がた、登山ガイドさんだったんですって。

「そんなに大変じゃないわよ?」

そうでしょうとも。

トラックバックURL : http://golady.exblog.jp/tb/26746435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Uchieshi_Yae | 2016-11-05 23:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

快食快便、命の源。考えすぎは短命のもと。今日も元気だ、明日はどうだ。マイペースにイキアタリバッタリ。


by ブッチー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30